Monthly Archives: 7月 2015

驚きの真実!焼き芋屋さんはなぜ儲かるのか?

焼き芋屋さんは夏は何しているの?

冬の寒い季節になると、なぜか食べたくなるのが焼き芋です。「石焼いもー」というあの独特の声を聞くと、なぜか食欲をかきたてられてしまいますよね。ところで、焼き芋屋さんというのは、昔からどうやって生計を立てているかと不思議に思っている人も多いのではないでしょうか?例えば、夏などの暑い時期には、焼き芋屋さんの姿を見ることはありません。「冬場の売上だけでちゃんと生活していけるの?」余計なお世話ですが、ついつい心配したくなります。

高い粗利率が生活を支える

そもそも、焼き芋屋さんのビジネスモデルのことを、正しく理解している人は少ないものです。スーパーなどの、薄利多売の商法に慣れた人にとっては、焼き芋屋のビジネスモデルは、羨ましい限りではないでしょうか。というのも、売上に占める原価の割合、つまり原価率が非常に低いからです。つまり、やきいもを一本売ると、それだけでもかなり儲かるということです。スーパーマーケットのように薄利多売のビジネスモデルから考えると、びっくりするほどの粗利率となっています。

夏には別の仕事をする人も

冬場の売上だけで、十分に生活できる利益を稼ぎだしているため、夏場はほとんど働かないという人もいます。また、夏は同じく屋台でアイスクリームやかき氷など、別の食材を販売しているという屋台もあります。会社勤めと違って、屋台の主は一国一城の主なのですから、自分でどうするかを決定できるのが魅力ですよね。売上の多い冬だけ働くもよし、夏は別の商売をするもよしというわけです。このようなフレキシブルな意思決定ができるのって、正直羨ましいですよね。

移動販売車なら中古車がおすすめです。性能はいいのに低価格の車種がそろっていますので、お得感満載です。

沖縄旅行、此処は行っておきたいスポット!

はずせません!美ら海水族館!

沖縄旅行ではずせない観光スポットの代表の一つが「沖縄美ら海水族館」です。海洋博公園の中にあり、イルカとの触れ合いも楽しめます。また、何といってもジンベイザメやナンヨウマンタなどが観察できる巨大水槽は圧巻です。そして、「サンゴの海」水槽では、10年以上かけて育てられた沖縄の海を彩るサンゴが展示されていて、サンゴ礁に暮らす生き物と共に自然の姿を楽しめます。さらに深海の海を再現したコーナーなどもあり、見どころがたくさんあります。

これは絶景!ニライカナイ橋!

沖縄本島の南部には、ニライカナイ橋という観光スポットがあります。ニライカナイとは、はるか遠い東の海の彼方の国という意味です。南城市知念を走っている国道331号線上にある橋で、橋の頂上近くにトンネルがあり、その上が展望所となっています。此処から観る景色は絶景で、遠くに久高島などが見えますが、何といっても、海の青さに圧倒されます。それ故、当地を訪れるとしたら昼頃がお勧めで、キラキラ輝く海面を観る事ができます。

ゆったりしたい人には古宇利島!

最近、注目されてきたスポットとして、古宇利島があります。本部沖に浮かぶ島で、のどかな農村風景が残っています。2005年2月に古宇利大橋が完成して、屋我地島伝いで沖縄本島と陸続きとなりました。橋の近くには綺麗なビーチがあり、海水浴を楽しめます。また、パラソルのレンタルもあるので、一日ゆったりと過ごす事もできます。そのほか、シュノーケルツアーを体験したり、島内一周を巡ったりと島の自然を満喫することができます。

夏休みも近づいてきました。9月にはシルバーウイークもあります。夏と言えば沖縄旅行に行きたいという方には、とにかく沖縄旅行を格安でお得に楽しんでもらいたいのです。

1 2 3