驚きの真実!焼き芋屋さんはなぜ儲かるのか?

焼き芋屋さんは夏は何しているの?

冬の寒い季節になると、なぜか食べたくなるのが焼き芋です。「石焼いもー」というあの独特の声を聞くと、なぜか食欲をかきたてられてしまいますよね。ところで、焼き芋屋さんというのは、昔からどうやって生計を立てているかと不思議に思っている人も多いのではないでしょうか?例えば、夏などの暑い時期には、焼き芋屋さんの姿を見ることはありません。「冬場の売上だけでちゃんと生活していけるの?」余計なお世話ですが、ついつい心配したくなります。

高い粗利率が生活を支える

そもそも、焼き芋屋さんのビジネスモデルのことを、正しく理解している人は少ないものです。スーパーなどの、薄利多売の商法に慣れた人にとっては、焼き芋屋のビジネスモデルは、羨ましい限りではないでしょうか。というのも、売上に占める原価の割合、つまり原価率が非常に低いからです。つまり、やきいもを一本売ると、それだけでもかなり儲かるということです。スーパーマーケットのように薄利多売のビジネスモデルから考えると、びっくりするほどの粗利率となっています。

夏には別の仕事をする人も

冬場の売上だけで、十分に生活できる利益を稼ぎだしているため、夏場はほとんど働かないという人もいます。また、夏は同じく屋台でアイスクリームやかき氷など、別の食材を販売しているという屋台もあります。会社勤めと違って、屋台の主は一国一城の主なのですから、自分でどうするかを決定できるのが魅力ですよね。売上の多い冬だけ働くもよし、夏は別の商売をするもよしというわけです。このようなフレキシブルな意思決定ができるのって、正直羨ましいですよね。

移動販売車なら中古車がおすすめです。性能はいいのに低価格の車種がそろっていますので、お得感満載です。